小巻ロール/白い落水和紙 10M

¥1,870

小巻ロール/白い落水和紙 10M

¥1,870
バリエーション:
  • サイズ800mm幅×10M
  • 素材レーヨン・パルプ

うっとりするような美しい柄の白い長尺和紙

落水和紙(らくすいわし)は日本古来の技術で
その名の通り和紙を抄く時に、水を落として柄を描き出すもの

描き出された柄と繊細な質感は、まるでレースのよう・・・
だから、落水和紙はレース和紙とも呼ばれています


白はその柄をもっとも美しく浮き立たせ、
さまざまな場面で色和紙や、木目と合わせると引き立つ紙です


あなたはこの和紙をどう使いますか?

商品が透けるように包んだり、ディスプレイ棚に敷いたり、
窓辺に掛けても、レースの柄が光を通して美しく引き立ちます
あなたのアイデアで、紙をより美しく生かしてください





落水和紙を作るには、清らかな水がたくさん必要です


その清らかさは折り紙つきの日本一の水質の仁淀川(によどがわ)


ふんだんな水量は地下に多くの伏流水をもち
土佐和紙はこの仁淀川に支えられて1000年以上も
この土地で伝え・作り続けられています

土佐和紙の特長は薄くしなやかな紙質ですが、
機械抄き和紙のモリサが最も得意とする技が、
その薄くしなやかな紙に水を落として柄をつける「落水」です


この和紙を長尺ロールにしてほしいという
たくさんのご要望で製品化することができました

そしてご要望の多かった9種の柄を選びました
モリサコレクション2017より『七宝』 2019より『かごめ』が新登場です


  • Gallery
  • Reviews

Variation